Instrumentation Technology

創業以来、計装哲学で築いた半世紀
技術サービスで築く次の半世紀

興安計装は、こんな会社です。

当社の事業

お客様の設備・システム・サービスの24時間365日、安全・安心・安定稼動を実現し続ける『計装技術サービス事業』を提供し、ICT技術サービス事業、ヘルスケア技術サービス事業、計装技術サービス事業を展開しています。

事業成長
の源

創業56年。『計装技術』の展開

1960年の創業以来、設備・システムの保守にこだわり、徹底して提供し続けている『計装技術』。計装技術とは、設備やシステムの安全・安定稼動や全体最適化のために施す技術の総称。興安計装が創業当初から手掛けている大規模な工場の保守・メンテナンスにおいては欠かせない考え方・技術です。当社の事業展開には、半世紀培ってきた興安計装オリジナルの「経営理念」と「計装哲学」が詰まっています。日常生活では耳慣れない「計装」という技術用語。実は現代生活を支えるために必要不可欠な技術で、あらゆる分野で多くの技術者が活躍しているといえます。

各業界の『トップ企業と直接契約』そのワケとは?

興安計装が56年間どんな経済状況下においても経営し続けることができている、そのワケとは...保守・メンテナンスという事業そのものが景気に左右されにくいということ、かつ、各業界トップで活躍するお客様企業から直接契約をいただいているということです。最先端をゆくお客様の厳しい要求に応えることで、技術・品質の向上と、信頼・実績を培ってきました。エンジニアの確かな仕事で、現行のお客様から新たなお客様をご紹介いただいているのです。日々の仕事が次のお客様に出会えるチャンスを創ってきた現場の真面目さと経営そのものの堅実さは、興安計装らしさだと自負しています。

独自の技術と文化で構築した自社サービスブランド

社会の設備・システム・サービスの可用性・信頼性・保守性を高めるために必要不可欠な『企業品質』を追求し、新しい『技術サービスメーカー』の確立に向け、確実に前進しています。そのひとつ、ICT技術サービス部門では、当社独自のMSPサービスブランド「Owlook」を開発しました。Owlookとは、ポータルサイトを通じて、監視対象の機器の現在のステータスや過去のアラートをお客様自身がいつでも確認できる監視サービスです。計装技術サービス企業として、IE(インダストリアル・エンジニアリング)手法に基づいた全体最適の発想で、継続的改善を行い、最良のコストパフォーマンスで、最良の技術サービスを提案・提供し続けていきます。