社員・仕事紹介

ICT
技術サービス
部門

システムオペレーション担当

荒 直樹


【お客様先での監視・運用・保守】

当社ではお客様先に常駐するメンバーと自社勤務するメンバーが連携して、お客様のシステム・ネットワークの監視、運用、保守を提供するケースがあります。自社勤務メンバーだった私が常駐に変わったのは入社2年目の1月。前任の常駐者は技術力も高い先輩だったため、任命された当初は不安でした。先輩からの引き継ぎもあり、周囲からフォローも得られるものの、常駐者の役割の重さを感じています。自社勤務でメンバーの一員だった頃に比べ、特に必要だと思うのは発信力です。常駐しているからこそ得ているお客様のご要望を、展開・実現していくことが私の仕事だと思っています。

【身に付けた知識を確かな技術に変えていける】

学生時代には生物科学を専攻し、ネットワークはおろかITに関する知識もほとんどありませんでした。就職活動のなかでネットワーク保守という社会貢献度の高い仕事を知り、興安計装に入社しました。
技術知識の習得はエンジニアとして当たり前で資格取得もそのひとつだと思います。かつ、習得した知識・技術が役に立つことを体感できる環境も必要だと思います。私はその環境に恵まれていると思っています。当社のラボルームには、身につけた知識を試したり確かめたりすることができる実機が揃っています。お客様の実機作業の前に予習することもあります。こうした個人の努力と会社の支援を経て、失敗が許されない仕事をやり遂げ、確かなスキルアップと充実感を味わっています。

【やっぱり、「人」です】

これは就職活動をしていた頃から思っていたことです。興安計装は、面接などで直接話をした社員の人はもちろん、仕事をしている社員の人もキチンとしているという印象が強く残っていました。それは入社後も同じです。
私が昨年まで所属していたグループでは、顧客や案件ごとに担当が決まっています。しかし、担当が違う先輩に聞いても教えてくれました。まずは自分で調べることが大前提ですが、同僚・先輩のおかげで、一人で抱え込むことはありません。この環境、「人」は当社の魅力の一つだと思います。

←「社員・仕事紹介」トップへ戻る